arbeeeMCC
フルマラソン
arbeeeHMCC
ハーフマラソン
arbeeeMCC100
ウルトラマラソン

大会主催者の皆さまへ

アルビーマラソンチャレンジカップは、フルマラソン・ハーフマラソン・ウルトラマラソンにチャレンジするすべてのランナーを応援するプロジェクトとして、連携させていただく大会を募集しています。

ランナーのメリット

  1. 特別記録証の発行

    本サイトおよびMCC公式アプリを通じて、特別記録証を発行できます。
    さまざまなランナーのレベルにあわせた特別記録証により、大会にチャレンジする意欲が高まります。

    (1)MCC

    ①サブ3(男子)達成
    ②サブ3.5(女子)達成
    ③初フルマラソン完走
    ④自己ベスト更新
    ⑤年間自己ベスト更新

    (2)HMCC

    ①サブ80(男子)達成
    ②サブ90(女子)達成
    ③初ハーフマラソン完走
    ④自己ベスト更新
    ⑤年間自己ベスト更新

    (3)MCC100

    ①サブ9(男子)達成
    ②サブ10(女子)達成
    ③初ウルトラマラソン完走
    ④自己ベスト更新
    ⑤年間自己ベスト更新

  2. 大会新記録への賞金授与

    大会新記録を更新して優勝したランナーに、タイムに応じた最高100万円の賞金を授与します。昨年度、48大会が参加したMCCでは「17大会で男女19」、29大会が参加したHMCCでは「15大会で男女19」の大会新記録が誕生しました。この制度により加盟大会のレースは年々活性化をみせています。

  3. ITサービスの提供

    応援ナビ、ランナーズアップデート、RUNPASSPORTなど、様々なITサービスが提供されます。エントリーから記録証発行までITで一元化されたサービスによって、記録の管理やSNSを使った情報拡散などの連携が行いやすくなります。

主催者のメリット

  1. 集客効果が期待できます

    ランナーが加盟大会を選ぶことで、他の大会との差別化が進みます。結果として集客効果が高まり、大会の開催価値が向上します。

  2. 優先的な広報を展開します

    RUNNETでのエントリー時、大会終了後のパブリシティなど、加盟大会には優先的に広報を展開します。このことによりランナーの大会認知度が高まります。

  3. ITサービスの提供

    救護ナビ、大会運営システムなど、大会主催者向けのITサービスを優先的に提供します。ITを活用した運営技術によって大会運営の省力化がはかれます。

要項

  • 事業期間
    毎年4月~3月までを事業期間とし、該当年に開催されるフルマラソン、ハーフマラソン、ウルトラマラソンの大会を対象として実施する。
  • 対象大会
    RUNNETを導入している日本陸連公認コース、もしくは(株)アールビーズが距離を計測したコースで行われる大会を対象とする。
  • アワード規定
    別途アワード規定に順ずる。
  • 提供されるサービス
    <主催者向け>

    主催者管理画面
    救護ナビ
    トップラスト位置情報

    <参加者向け>

    応援ナビ
    ランナーズアップデート
    RUNPASSPORTアプリ
    RUNNERS NOTEアプリ
    ランフォトプラス
    3Dコースマップ *
    当日Web完走証 *
    .finisherダイジェスト版 *
    *大会の加盟プランによって異なります

  • カンファレンスの開催
    市民マラソンの普及発展を目的とし、参加大会主催者の参加によるカンファレンスを事業期間内に実施する。

主催者様専用ページ

大会ロゴなどをダウンロードできます。

パスワードを入力してください